ネットキャッシングローンで低金利高額融資

ネットキャッシングローンはなぜ超低金利で高額融資なのか?その魅力の秘密と賢い利用方法をお伝えしていくブログです。ネットキャッシングは、今最もキャッシング市場で勢いに乗っている次世代の新しいキャッシングです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
ネットキャッシングの中でも、特に新金利カードローン「楽天マイワン」が今とても人気です。
業界では、ありえない低金利『6,9%~18、0%』です。
もちろん、1万円からの借入れもできます。
 
このありえない低金利は、消費者金融に比べ金利が低いと言われる銀行よりも低く、かなり柔軟な年利になっています。
消費者金融との関わりはなく、野球やオークションなどでも知られる程超有名大手企業なので、安心して借りることができます。
 
消費者金融から借りることに抵抗がある方はこの楽天マイワンがお薦めです。

さらに、入会金と年会費がかかりません。
通常のクレジットカードは年会費がかかり、使わなくても払うという事がよくありますが、マイワンはタダで持てます。
このお得なカードを持てるのにも関わらず、あなたの負担は一切かからないという事になります。
 
審査もかなり柔軟な対応で評判を呼んでいます。
ネット専門のIT系キャッシングは審査が甘いと言われていますが、この楽天マイワンは、その中でもかなり優しい審査基準になっているようです。
 
融通も利くようなので、現在の借入金利が高いとお悩みの方には、借り換えなどにもお薦めです。
 
また、最大融資額が500万円まで、という事もあり、大口での借入を希望の方にも向いています。
 
「でも自分は、他社の借入れが3社、4社も借りてるから無理だ」
 
そんな事はありません。
楽天マイワンは、他社借入も3~6件程度での通過実績を持っています。
こういう方でも、安心して借りる事ができるでしょうし、おまとめローンを探している方にも、最適と言えるでしょう。
 
急な出費が起きても、全国の銀行・コンビニから利用ができ、全国には8万台のCD・ATMで借入・返済ができるのでとても使いやすいです。
 
全てにおいて、お得なサービスを提供する楽天マイワンは、入会金・年会費は払う必要はありません。

是非、お申込されてみてはいかがでしょうか?

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
キャッシングの審査では、職業・年収・利用歴などについて、各社で定めている基準をクリアしているかどうかをチェックしています。
では、具体的にそれぞれの項目がどうなっていれば良いのかについて見てみたいと思います。

まず職業についてですが、やはり返済能力があるとされるのは安定した企業に勤めていたり、公務員のようにある程度の収入が保証されている方が評価が高いとされています。
返済計画も立てやすく安心して融資ができるのでしょう。

利用歴については、現在の他社での総借入れ額・借入れ件数が最も重要なチェックポイントになります。
他社での借入れが多い人は評価が低くなってしまいがちです。
しかしながら、他社での借入れに対してきちんと返済をしているという実績があればあまり問題にはならないようです。

その他には住居形態などについても審査が実施されています。
持ち家の人が最も評価が高いとされています。

各社さまざまではありますが、上記のような基準をクリアすれば融資を受けることができます。
キャッシングの利用を考えている場合は、信用を失うような問題を起こさないよう常に気をつけておく必要があります。

人気ブログランキングへ


キャッシングの審査とは何か、審査に必要な書類とは何かということについて説明をしてきましたが、必要書類を受け取った後に、金融機関はそれらの書類をもとにどのような審査を行っているのでしょうか。

何度も述べてきたようにキャッシング審査の内容は各社で異なります。
ある会社で融資を断られたとしても、別の会社では融資を受けられる場合もあります。
審査内容については事前に比較し、確認しておくと良いでしょう。

各社で異なる審査ですが、大まかな部分については共通しています。
キャッシングの審査で最も重要視されるのは、職業・年収・利用歴と言われています。

職業というのは、簡単に言うと勤務形態のことを指します。
公務員・正社員・自営業・派遣・アルバイトなどの区分のことです。

利用歴とは、他社での借入れ・返済状況のことや、破産経験の有無などのことを指します。
金融機関はこれらの情報をもとに総合的な審査を行うわけです。

人気ブログランキングへ


キャッシング審査とは、借り手の返済能力を判断するために実施するものだということは先に述べたとおりですが、金融機関がキャッシング審査を進めるために借り手が提出しなくてはならない書類があります。

提出書類の種類や提出のタイミングは各社で異なっていますが、基本的には住所の確認ができる身分証明書と収入を証明する書類が挙げられます。
身分証明書として認められるのはパスポート・運転免許証・住民票の写し・各種保険証などです。

住民票以外は必要な箇所をコピーして提出します。
続いて収入を証明する書類ですが、収入を証明する書類は融資額が50万円を超えるキャッシングを利用する場合に必要になります。
収入を証明する書類としては、会社に勤務している人は源泉徴収票・給与明細・課税証明のいずれかのコピーが挙げられます。

自営業の場合には、税額通知書・課税証明・確定申告・所得証明書のいずれかのコピーを提出することになります。

人気ブログランキングへ


キャッシング利用において、融資を受けるためには金融機関が実施する審査を受ける必要があります。

キャッシングにおける審査とは一体何なのでしょうか。
今までも審査という言葉は頻繁に出てきていますが、ここで審査とは何かについて述べておきたいと思います。

キャッシングは基本的に担保なし・保証人なしで融資を行っています。
ということは、借り手の信用が何よりも大切になってきます。

借り手がきちんとお金を返済する能力があるのかどうかを判断するために金融機関が行うのが審査なのです。
お金を返済する能力があるかどうかの判断方法は各社異なりますが、一般的に借り手の他社での借入れ・返済状況や勤務形態・年数、また住居の形態などについてチェックされるようです。

チェック項目や基準は各社さまざまです。
この審査によって融資可否の判断がされるだけでなく、融資可能な場合の融資限度額などが決められることになります。

人気ブログランキングへ


キャッシングについて、特性や企業の説明をしてきました。
特性や企業をよく調査して、自分に合ったキャッシングサービスを利用するわけですが、実際にキャッシングを利用する場合、どのような手順で融資を受けることができるのでしょうか。

まずは、自分の目的に合わせて金融機関と商品を選びます。
各社多種多様な商品を提供しているのでしっかり比較して一番良いものを探します。

商品が決まったら、キャッシングの申し込みをします。
申し込み方法は営業窓口に出向いて申込用紙に記入・提出するものとインターネットの申し込み専用フォームに入力するものがあります。

申し込みをした後は、金融機関の審査が行われます。
審査の所要時間は会社によって異なりますが、即日完了する会社も多くあります。

金融機関の審査で融資可能と判断されれば、資金の融資を受けることができるようになります。

人気ブログランキングへ


今まで見てきた中で、キャッシングには融資限度額があるということは分かったと思います。

キャッシングを利用する際には審査がありますが、審査を通ればいくらでも融資を受けられるというわけではありません。
どのキャッシングサービスを利用する場合でも、かならず融資額の上限が設けられているのです。

一般的に、キャッシングで借りることのできる資金の限度額は50万円以下に設定されています。
もちろん利用するキャッシングサービスや審査の状況によって金額は変わってきます。

ある会社では同じ条件で20万円融資を受けることができたとしても、他社では10万円であったり30万円であったりするのです。
また、返済実績によっては、その後の限度額が増減することがあります。

きちんと返済をしていれば、当初10万円だった限度額が20万円、30万円と増えていくのです。

人気ブログランキングへ

キャッシングを利用する場合、必ず借りたお金に利息分を上乗せした金額を返済することになります。

借り手は金利がどの程度になるのかを考えながらキャッシングを利用していますが、実は金利がかからない無利息キャッシングもあるのです。
金利がゼロと言っても借りてから返済が終了するまでずっとというわけではありません。

無利息キャッシングとは、ある一定期間は金利ゼロで借入ができるというサービスです。
例えば、10日間の無利息サービスを提供している会社でキャッシングを利用した場合、借入後10日以内に全額返済すれば、借り手は利息を支払う必要はありません。

もしこの適用期間10日を過ぎて返済する場合には、適用期間を過ぎた部分の日数分の利息を支払います。
この無利息サービスの適用期間は、会社によって異なりますので利用する際には事前に各社を比較しておくと良いでしょう。

人気ブログランキングへ

これまで、さまざまなキャッシングサービスを見てきましたが、キャッシングを利用するためには審査が必要で、審査に通らないと資金の融資を受けることができません。

個人の信用という意味で、会社員などは固定収入があり、審査も通りやすいと思いますが、学生についてはどうでしょうか。
学生でも、教材を購入するときなど急に資金が必要になることがありますが、学生は職業を持っていないため収入はありません。

アルバイトをしている学生でも、毎月決まった収入があるわけではありません。
このように普通のキャッシングサービスを受けることができない学生向けに提供されているのが学生ローンです。

学生対象ということで融資限度額はあまり高くありませんが、他のキャッシングと比較して金利が低めに設定されており、学割利率で利用できる点がメリットです。

また、返済方法も借り手の都合に合わせて選択できるので、不安定なアルバイト収入でも利用しやすいといえます。

人気ブログランキングへ


先に述べた低金利キャッシングのほかにはどのようなキャッシングがあるのでしょうか。
次に紹介するのは、レディースキャッシングというものです。

レディースキャッシングとは、女性を対象に資金の融資を行う女性専用のキャッシングサービスです。
友人の結婚式が続いて現金が必要、今月はお付き合いが続いて出費が増えそう、子供の習い事で急な出費があるなどさまざまなケースがありますが、このようなときに女性の助けとなるキャッシングです。

キャッシングが浸透して利用者が増加しているとは言え、女性がキャッシングを利用するというのは抵抗があるものです。
そのような女性にも抵抗なくキャッシングを利用してもらえるよう、レディースキャッシングでは細やかなケアがされています。

対面では抵抗がある人のためには来店不要でインターネットのみの取引き、融資・返済は銀行振り込み、対面の場合には担当者は女性というようなサービスが提供されています。

サービス内容は企業によって異なりますので、各社サービスを比較して自分に合ったところを選択すると良いでしょう。

人気ブログランキングへ

ここまで、キャッシングサービスを提供している企業形態別にいくつか紹介してきました。

キャッシングは、企業形態の他にそのサービスの特性ごとに分類することができます。
これからいくつかのキャッシングについて紹介していきます。

まずは、低金利キャッシングというものについて見ていきたいと思います。
名称を聞いて何となくイメージができるかと思いますが、低金利キャッシングとは低い金利で利用できるキャッシングのことです。

金利を低く設定するということで、従来は審査を厳しく行い、個人の信用をよく調べてから融資を行う銀行系などが主に提供していましたが、最近では消費者金融系でも低金利の商品が提供されるようになってきました。

低金利キャッシングを利用すれば、支払利息の部分が少なくなりますので、毎月の返済額も低めに抑えることができます。
もちろん低金利で融資を受けるからには、それなりに厳しい審査が行われることになりますのでその点は認識しておく必要があります。

人気ブログランキングへ


今まで見てきた消費者金融系キャッシング・銀行系キャッシングの他には信販系キャッシングというものがあります。

信販系キャッシングとは信販会社が提供しているキャッシングサービスのことです。
信販とは信用販売の略で、取引の際の決済を取引当事者同士の信用で行うということを意味しています。

信販系キャッシングは、消費者金融系を利用することに抵抗がある人に人気のサービスです。
信販会社もテレビコマーシャルなどでよく目にする企業が多く安心感を得ることができるので、初めてキャッシングを利用する人には利用しやすいといわれています。

信販系キャッシングでは、カードについているショッピングクレジット機能にキャッシング機能が付加されています。
金利・審査の特徴としては、消費者金融系と銀行系のちょうど中間の立場をとっています。

その他の特徴として、クレジットカードとセットになっているためにショッピングやポイントサービスなどの特典がついており大変利便性が高いといえるでしょう。

人気ブログランキングへ


キャッシングを提供している企業形態別に説明していますが、先に述べた消費者金融系キャッシングの他に、銀行系キャッシングというものがあります。

消費者金融系キャッシングはサービスの提供主は消費者金融でした。
銀行系キャッシングは、その名のとおり銀行が提供しているキャッシングサービスのことを指します。
銀行系キャッシングの最大の特徴は他のキャッシングと比較して金利が低めに設定されているところでしょう。

銀行によって差はありますが、だいたい13~18%程度の金利が設定されているようです。
銀行という信用できる機関ということで、借り手側としても安心感を得ることができるというのも良い点です。

そのように低めの金利で融資を受けることができるため、融資を受ける際にはそれなりに厳しい審査が必要になります。

審査期間が長くなる傾向にありますので、緊急でお金を必要としている人よりは長期間の借入れを考えている人に向いています。

人気ブログランキングへ

ここまで、キャッシングのローンの種類について述べてきましたが、キャッシングの商品を提供している企業にはどのようなものがあるのでしょうか。
キャッシングは、提供している企業の形態によっていくつかに分類することができます。

まず、1つめに挙げられるのは消費者金融系キャッシングです。
消費者金融系キャッシングとは、消費者金融が提供しているキャッシングサービスです。
消費者金融でのキャッシングは、審査が大変スピーディーで、最短15分程度で完了するため、緊急に資金が必要になった場合には大変便利です。

審査がスピーディーであるというメリットがある反面、銀行融資等と比較して金利が高めに設定されているというデメリットがあります。
金利は高めですが、基本的に利息計算が日割りなので、借りてすぐに返済できる場合であればどこよりも金利が低くなります。

人気ブログランキングへ

キャッシングのローンとして不動産担保ローンというものがあります。

これは、自己所有の不動産を担保として融資を受けるものです。
不動産担保ローンを利用すると、不動産を担保にすることで数十万円から数億円単位の高額な融資まで受けることができます。

担保にすることができる不動産の種類は、一般の戸建て住宅のみならずマンション・築古マンション・更地・共有持分・借地・底地・再建築不可・賃貸中など幅広く設定されている商品も多く提供されているようです。

不動産担保ローンの融資限度額は、担保とする不動産の評価額によって決定されるのが一般的です。
不動産評価額がいくら高額であったとしても、担保とする不動産を取り巻く環境によっては融資限度額が増減することがあります。
担保となる不動産が貸し手にとってリスクが高い場合には、融資額が減額されたり金利が高く設定される傾向があるようです。

人気ブログランキングへ
キャッシングの目的ローンの1つに事業者ローンというものもあります。
これは、個人事業主や中小企業の経営者など商売をしている人を対象にしたビジネスローンのことをいいます。

このような商売をしていると、きちんと資金管理をしていたとしても、一時的にまとまった資金が必要になってしまうこともあります。

このような場合、銀行や公的機関から融資を受けようとしても審査期間がそれなりに長くなってしまうため、すぐに融資を受けることはできません。
そこで活躍するのが事業者ローンです。

事業者ローンは、無担保・第三者保証人不要・迅速な審査と融資というメリットがあります。
事業者ローンには、今すぐお金が必要という場合に融資を受けることができるものと、いざというときのための予備資金が欲しいという人のために、事前に資金枠を設定しておきその枠内であればいつでも借入れ・返済を行うことができるものがあります。

人気ブログランキングへ

キャッシングの目的ローンには自動車ローンというものもあります。

これは使い道が自動車購入に限定されているローンのことです。
従来自動車ローンは自動車販売店経由で組むケースが一般的でしたが、最近は種類も増えてきており、銀行・信販会社・金融機関・損害保険会社など各金融機関にて商品の取り扱いがされています。

また、借入目的についても、当初は新車・中古車を新規に購入するということがメインでしたが、最近は新車・中古車の購入以外でも自動車ローンを組むことができるようになってきています。
例えば、車検・車の修理・自動車学校・個人売買・免許取得などが挙げられます。
金融機関によっては、これらの個々の利用目的ごとに車検ローン・修理ローン・自動車学校ローンというように商品が分かれているところもあります。

そのような場合には、新車購入のための借入れなら融資額が高めに設定されている商品、車検のための借入れであれば高額な融資は不要なので金利が低めに設定されている商品を選ぶなど用途に合わせて商品を選ぶ必要があります。

人気ブログランキングへ


キャッシングの目的ローンの1つに挙げられる住宅ローンについて詳細を見てみましょう。

住宅ローンとは借り手が居住する住宅を取得するための資金について融資を受けるものです。
住宅の取得費用と言っても、新築の住宅を購入する費用のことだけを指すのではありません。

居住用の新築・中古の戸建て住宅やマンションを購入する費用、事務所・店舗・共同住宅などの併用住宅を購入する費用、住宅取得にかかる諸費用なども対象範囲と言えます。

住宅ローンは一般的に、他のローンよりも融資額が高額になります。
融資額が高額になるということは、総返済額やそれについてくる金利も高額になりますので、住宅ローンを利用する場合には、融資を受ける金額設定をしっかり
考える必要があります。

住宅を購入する際には、頭金をできるだけ多く支払い、借入金額が自分の返済能力を超えてしまったりしないよう注意が必要です。

人気ブログランキングへ


キャッシングの目的ローンの1商品であるトラベルローンについて詳しく見ていきます。

トラベルローンとは海外旅行や国内旅行の費用を借入れるためのローンのことです。
旅行に行く予定があるが、予算がオーバーしてしまって費用が準備できないというような時に、足りない分の費用を一時的に借りるためなどに利用されることが多いようです。

また、新婚旅行などまとまった費用が必要な時に利用されることもあります。
トラベルローンには、資金融資のほかに特典がついてくる商品も数多くあります。
利用する際には、便利な特典がついてくるような商品を選ぶと旅行先で役に立つでしょう。

たとえば、旅先で急にお金が必要になったときに、いつでも簡単に引き出しが可能なところなどは大変利便性が良く、いざと言う時に助かります。

人気ブログランキングへ


ネット系キャッシングの魅力や有効な利用方法をお伝えする前に、キャッシングに関する予備知識を知る必要があります。

ネット系キャッシングを知る上で、比較検討できるものがなければネット系キャッシングの本当の良さを伝えることができません。

ですので、少しずつキャッシングの知識を身につけ、自分に合った最適なキャッシング方法を身に付けることが大切です。

気軽に利用できることからキャッシングの利用者は増加傾向にあります。
キャッシングとは色々な金融機関から一時的にお金の融資を受けることを言います。

キャッシングには、利用目的を限定せずに融資を受けることができるフリーローンと、借りたお金の利用目的がはっきり決まっていれば融資を受けることができる目的ローンがあります。
目的ローンは、利用目的を限定することで金利を抑えることができる点がメリットであるといえます。

各金融機関は、利用目的別にさまざまな商品を提供しています。

提供している商品は各社で異なっていますが、目的ローンにはトラベルローン、住宅ローン、自動車ローン、事業者ローン、不動産担保ローンなどさまざまな商品があります。

これらの商品1つ1つについて、これからの投稿において詳細に述べていきます。

人気ブログランキングへ


キャッシングサービスといえば銀行系キャッシングや消費者金融系キャッシングがまず頭に浮かぶと思いますが、実は最近はネット系キャッシングやIT系キャッシングと呼ばれる分野のキャッシングが勢力を伸ばしているのです。

ネット系(IT系)キャッシングとはその名のとおり、大手IT企業グループが提供しているキャッシングサービスです。
独自のテクノロジーやIT技術を大いに活用し、カード不要のキャッシングサービスやオンラインサービスを展開しています。

オンラインサービスの具体例としては、営業店舗を持たずにインターネット上のみで貸し手・借り手のやりとりを完結することができることなどが挙げられます。

このように店舗を持たず、インターネット上でのやりとりを実現することによって経費を抑えているので、金利が大幅に低めに設定されているのが借り手にとってのメリットであるといえます。また、高額融資も借り手にとっては嬉しい限りです。

キャッシング市場の中でも、ネット系キャッシングは審査が柔軟とされていますので、非常に人気があります。
また、オンライン上でのやりとりとなるので、誰にもバレずに借りたい方や主婦の方など幅広い層に人気があります。

このブログでは、そんな魅力あふれるネット系キャッシングを中心に有益な情報をお伝えしていきたいと思います。

人気ブログランキングへ

ブログ内検索
ネットで何度も無利息可能!
無利息の最高峰
最適ネットキャッシング
その他お薦めキャッシング
お薦めローンカード
リンク
ランキング参加中です
お気に入りに登録
最新情報はこちらから
ご利用の注意点
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。