ネットキャッシングローンで低金利高額融資

ネットキャッシングローンはなぜ超低金利で高額融資なのか?その魅力の秘密と賢い利用方法をお伝えしていくブログです。ネットキャッシングは、今最もキャッシング市場で勢いに乗っている次世代の新しいキャッシングです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
消費者金融などの貸金業者が減り続けています。

金融庁によりますと、今年5月末時点の登録業者数は5740社で前年同月に比べて、一気に32%減少しました。
この数字は、個人向けローンに対する規制を、大幅に強化した改正貸金業法が成立した2006年末から、ほぼ半減しました。
段階的な規制強化に伴い、事業の継続が困難な小規模業者などの廃業が増えているのが原因です。

そもそも改正貸金業法は、借金を返すために借金を重ねる「多重債務問題」の深刻化を受けて06年末に成立しました。

個人向けローンの上限金利引き下げや、貸出総額を年収の3分の1以下にする「総量規制」などの導入が決まり、これらの規制強化は、来年(2010年)6月までの同法の最終施行時に導入されますが、規制強化を見越して廃業する業者が増えています。

一方で、この動きや消費者金融業者からの反発を受けて、厚生労働省は制度見直しをしていく方針を発表しました。

政権も自民党から民主党へと変わり、今後の貸金業法規制の見直しが課題となりそうです。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
業績不振の消費者金融大手アイフルは、24日にグループで正社員を約2500人にほぼ半減し、有人店舗を約4分の1に削減する大規模なリストラ策を発表しました。

過払い利息の返還請求に備えた引当金やリストラ費用の計上に伴い、2010年3月期の連結決算の業績予想も、大幅に下方修正し、最終(当期)損益は3110億円の赤字(当初見込みは81億円の黒字)に転落することも発表しました。

また、アイフルは同日に、私的整理の一種である「事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)」を正式申請し、受理されました。
主力取引行の住友信託銀行やあおぞら銀行などに約2800億円の債務の返済猶予を要請し、リストラと併せて再建を図りたい考えのようです。

アイフルのグループ全体の正社員は8月末時点で約4580人(信販・消費者金融のライフなどを含む)で、来年2月までに約2000人の希望退職を実施する予定です。
有人店舗は、現在の122店を32店程度に、無人店舗は837店を650店程度に減らす予定のようです。

また、改正貸金業法で上限金利が引き下げられ、利用者からの過払い利息の返還請求が高止まりしていることに対応して、利息返還損失引当金1900億円などを計上、大幅赤字に陥ります。
最終赤字は07年3月期(4112億円)以来3年ぶりとなる模様です。

キャッシング業界の深刻の経営悪化は、大手にまで及んでいます。
特に、アイフルのような独立系消費者金融は、アイフルのように資金繰りが厳しい状況です。

2010年6月の総量規制の完全実施を目の前にして、各キャッシング業者は、いかにして差別化を図り、小回りの利くキャッシングサービスを提供できるかが生き残れるキーワードとなりそうです。

人気ブログランキングへ


消費者金融などの貸金業者が減り続けています。

金融庁によりますと、今年5月末時点の登録業者数は5740社で前年同月に比べて、一気に32%減少しました。
この数字は、個人向けローンに対する規制を、大幅に強化した改正貸金業法が成立した2006年末から、ほぼ半減しました。
段階的な規制強化に伴い、事業の継続が困難な小規模業者などの廃業が増えているのが原因です。

そもそも改正貸金業法は、借金を返すために借金を重ねる「多重債務問題」の深刻化を受けて06年末に成立しました。

個人向けローンの上限金利引き下げや、貸出総額を年収の3分の1以下にする「総量規制」などの導入が決まり、これらの規制強化は、来年(2010年)6月までの同法の最終施行時に導入されますが、規制強化を見越して廃業する業者が増えています。

一方で、この動きや消費者金融業者からの反発を受けて、厚生労働省は制度見直しをしていく方針を発表しました。

政権も自民党から民主党へと変わり、今後の貸金業法規制の見直しが課題となりそうです。

人気ブログランキングへ
消費者金融などの貸金業者が減り続けています。

金融庁によりますと、今年5月末時点の登録業者数は5740社で前年同月に比べて、一気に32%減少しました。
この数字は、個人向けローンに対する規制を、大幅に強化した改正貸金業法が成立した2006年末から、ほぼ半減しました。
段階的な規制強化に伴い、事業の継続が困難な小規模業者などの廃業が増えているのが原因です。

そもそも改正貸金業法は、借金を返すために借金を重ねる「多重債務問題」の深刻化を受けて06年末に成立しました。

個人向けローンの上限金利引き下げや、貸出総額を年収の3分の1以下にする「総量規制」などの導入が決まり、これらの規制強化は、来年6月までの同法の最終施行時に導入されるが、規制強化を見越して廃業する業者が増えています。

一方で、この動きや消費者金融業者からの反発を受けて、厚生労働省は制度見直しをしていく方針を発表しました。

人気ブログランキングへ
ブログ内検索
ネットで何度も無利息可能!
無利息の最高峰
最適ネットキャッシング
その他お薦めキャッシング
お薦めローンカード
リンク
ランキング参加中です
お気に入りに登録
最新情報はこちらから
ご利用の注意点
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。